たまひよショップで可愛い赤ちゃん用グッズを手に入れよう

体に優しい白湯を使用

親子

白湯が適している理由

赤ちゃんには、寝起きや沐浴後など、1日に何度も水分補給をおこなう必要があります。そしてこの水分補給には、冷たい水よりも人肌程度の温もりがある白湯の方が適しています。なぜなら冷たい水を飲ませることは、赤ちゃんの体を冷やすことにつながるからです。赤ちゃんの体では、成長に必要となる栄養分を運ぶために、血液が大人よりも勢いよく流れています。そのため体温が高めとなっているのですが、体を冷やすと血流が悪くなり、成長が阻害されることがあるのです。しかし体温とほぼ同じ温かさの白湯なら、その心配をせずに飲ませることができます。また白湯は、水を沸騰させた上で冷ますという方法で作ります。そのため万が一水にサルモネラ菌などの病原菌が含まれていたとしても、熱で死滅することになります。もちろん容器に病原菌が付着していたとしても、熱湯を注ぎ込むことでやはり死滅します。つまり白湯で水分補給をおこなうことは、赤ちゃんを病原菌から守ることにもつながるわけです。さらに水道水から白湯を作る場合には、含まれているカルキが沸騰により除去されます。これにより、一層おいしく飲むことができるようになるので、その点も白湯のメリットのひとつと言えます。そのため昨今では、いったん沸騰させてから自動で冷まして白湯にするというポットが、育児に活用されるようになっています。また、殺菌されている上、カルキも含まれていない赤ちゃん用の水も市販されています。これは、湯せんなどで程良く温めるだけで赤ちゃんに与えることができるので、沸騰させる手間隙をかけずに済むことから人気があります。