たまひよショップで可愛い赤ちゃん用グッズを手に入れよう

じっくりと吟味して選ぶ

婦人

A型とB型がある

赤ちゃんが生まれたら、ベビーカーに乗せてあちこち出かけるのが楽しみという人も多いのではないでしょうか。しかしベビーカーは値段が高いものは5万円以上しますし、中には10万円以上のものもあり、ベビー用品の中では最も高価です。選び方を間違うとかなりの痛手になってしまうため、じっくりと吟味して選びたいものです。ベビーカーは大きく分けると1カ月頃から使えるA型と、腰が据わった頃から使えるB型の2種類があります。必ずしも生まれてすぐに利用するとは限らないので、購入するのは出産後でも遅くはありません。まずは抱っこで動いてみてニーズを把握してから、A型にするかB型にするかを決めることをおすすめします。両対面式の4輪キャスターモデルは対面時でも走行しやすいというのがメリットですが、このシステムを搭載しているのは重たくて高価がモデルが多いのが難点です。両対面式の軽量モデルは使いやすいのがメリットですが、4輪キャスターではないので操作性が悪くなります。ベビーカーはとても便利なものですが、思うように使えなくて困る場面に出くわすことも少なくありません。例えば階段はベビーカーごと持ち上げなくてはならないですし、大きくて駅の自動改札を通れない場合もあります。そのため絶対回避したい不便は何なのかよく考えて選ぶことが大事です。最近のベビーカーの傾向はシートが年々高くなっているのが特徴です。見た目の軽快感や、赤ちゃんを地面のホコリや熱から守り、お母さんがお世話しやすいという理由で支持されているようです。